全館空調メリット・デメリット

仕様

こんにちは
知識0から家つくりをはじめ、昨年無事住友林業さんで注文住宅を建てたました。
そんな自分がいろいろ家つくりについて経験や学んだことを紹介していけたらと思っています

今回は全館空調のメリット・デメリットを紹介させていただきます。

先回の記事でも書きましたが、24時間空調と言うシステムがあるのですが似て非なるものです

自分は当時同じようなもんかな~って考え、深く考えずに24時間換気でいいですって言ったのですが
ちゃんとわかった上で判断すればよかったとあとあとになって思いました。

全館空調とは

簡単に言うと家全体を一つの大きなエアコンでずっと空調を行ってる感じです。
外気の空気も一度暖めたり、冷やしたりしてから部屋に取り入れ部屋のどこにいても過ごしやすい快適な空間を実現できます。
一条工務店やセキスイハイムの暖かハイムはこれですね

メリット

・家全体を快適な温度に維持する
部屋全体を空調するので、部屋ごとの温度差がなくなりどこにいても快適に過ごせることです
冬の時期廊下やトイレなんかも温度差がないのも大きいですね

それによってヒートショックなども起こりにくくなります

話それますが北海道では全館空調ではないですが廊下やトイレにも空調システムがしっかりしてて
逆に東京とかに来た時の方が寒く感じるそうです

謎の少女
謎の少女

雑学でした

・空気が常に奇麗
部屋全体を常に空気を循環させてるので、空気をきれいな状態で維持できます
また、使ってない部屋は通常ほこりがたまったりカビ臭くなったりするのですが全館空調ではそんなことなくなります

ダクト内も常に空気流れカビや水滴がつきにくく久々にエアコンをつけたときのカビ臭さもないです

・エアコンがいらない
全館空調で家全体を制御する為、部屋毎にエアコンがいらないです
そのことにより、
①エアコン本体の購入費が不要
②間取りの自由度が高くなる

部屋がすっきりした感じになる

エアコンって実際つけると意外と存在感あるのと、室外機の関係でつけれる場所が限定されたりします。

まさと
まさと

せっかくウッドタイルつけた壁に大きなエアコンとか少し悲しくなる…

・一か所の集中コントロール

集中管理の為、操作が楽

因みに一条工務店で建てた友達曰く、一度味わったら他に住めないくらい快適だそうです。

デメリット

・初期費用
結構お高い設備なので初期費用が結構かかります
自分は住友林業さんで見積取ってないので正確ではないですが150万くらいかかるらしいです

一条工務店とかは標準仕様だそうです。

・ランニングコスト
初期費用のほかにランニングコストとして以下があります

①月々の電気代
②定期検査

ずっとエアコンかけてるので月々の電気代はかかってきます
ただし、高気密高断熱の家では一定温度に保つのはそんなに電気代かからないという話もあります。
地域・間取り・気密性などいろんな条件があるため一概には言えませんが多少なりとも上がります

友達は電気代月2万円代って言ってました。あくまで参考程度に

迷いさん
迷いさん

全館空調だと太陽光発電がより効いてくるのかな~



定期検査も年間数万かかるとか

・故障

故障した際、高機能な機器の為、修理代が高く、期間もかかります
また、故障すると家全体の空調がきかなくなってしまいます

・部屋ごとの温調
一括管理なので部屋ごとに温度を調整することができなくなります
家族みんなが同じ温度でokなら問題ないですが差があるとつらいです

・空気乾燥
エアコンつけてるのと同じなので乾燥しやすくなるそうです

まとめ

メリット
・家全体を快適な温度に維持する
・空気が常に奇麗
・エアコンがいらない
・一か所の集中コントロール

デメリット
・初期費用
・ランニングコスト
・故障
・部屋ごとの温調

先にも言いましたが全館空調入れた友達は絶賛してます

デメリットの項目の多くがお金であるように、初期とランニングコストがかかるのも事実
自分は当時よくわからず検討すらしてませんでしたが、きっとお金で断念したと思います

以上今回は全館空調のメリット・デメリットについて紹介させていただきました

コメント

タイトルとURLをコピーしました