住友林業~屋根材(標準仕様とか)

仕様

こんにちは
知識0から家つくりをはじめ、昨年無事住友林業さんで注文住宅を建てたました。
そんな自分がいろいろ家つくりについて経験や学んだことを紹介していけたらと思っています

基本プランに向けて打合せを行っていくわけですが今回はその中で屋根材について紹介させていただきます。

正直自分の場合、屋根材って基本見えないのでそこまで見た目にこだわらなかったし
提案工事の瓦使うかどうかに関してはイニシャルコスト抑えるために標準でいいやってくらいでそこまで思い入れはなかったです。

ちなみに屋根の形は自分の場合はロフトをつけたので屋根裏確保のため、三角屋根になりました

標準仕様


住友林業さんの標準仕様としてはケイミュー株式会社の高耐候ストレート屋根材【コロニアルグラッサ】と言うものです。

迷いさん
迷いさん

ストレート屋根材って何?

ストレートはセメントを強く固めて塗装した屋根材で、現在では最も普及率が高いものです

提案工事で瓦を選択することもできます。

ストレートと瓦の比較

ストレート材のメリット・デメリット

メリット
・瓦に比べて安い
・カラーがいろいろ選べる
・瓦に比べ、軽く耐震性に優れる

デメリット
・雪などの重さで割れる恐れがある
・表面に凹凸があり、コケやカビが生えやすい
・30年で変更する必要がある

瓦のメリット・デメリット
ストレートの逆ですね

メリット
強度があり雪などで割れる恐れが少ない
・コケやカビが生えにくい
基本メンテナンスフリーで60年以上もつ

デメリット
・ストレートに対し高価
・選べる種類が少ない
・ストレートに比べ、重く耐震性に劣る
・災害で瓦が落ちた時、危険

住友林業さんの標準仕様の【コロニアルグラッサ】は紫外線に強く耐候性に優れ色落ちしにくいたものだそうです。
また、厚みも5㎜ほどで見た目もすっきりしたものになるそうです。
LS30仕様に対応したもの。

提案工事

ストレート材の色違い
標準仕様で選べる色は7種類ですが、提案工事で+7種類選べるようになります。
標準は茶色とか黒系の色だけなのに対し、緑や青っぽい色が選べます。

シャッフル
色を2種類選んで混ぜて使うシャッフルというのもあります

写真でみるとめっちゃかっこいいです。

自分もすごく惹かれましたが、自分の場合屋根見えないんです。
見上げても軒下が見えるだけで屋根の色とか全く見えない

謎の少女
謎の少女

屋根見るためにドローン飛ばさなきゃ…

と言うわけで提案工事はおろか色もまあ一般的な黒でいっかという感じで特に思い入れもなく決まりました。

先ほども書きましたがストレートから瓦に変更もできます。
30坪の家で+30万くらいかな

一番のメリットは基本メンテナンスフリーで60年もつってとこですかね
ストレートの場合30年で張替えしなくてはいけなく、足場組んだりする必要あり100万近くかかるって噂

まさと
まさと

イニシャルコストはかかるけど長期で見た場合お得かも
しかも30万ならそこまでって気もするし、当時はイニシャルコストしか考えてなかった・・・

外壁もタイル張りは基本メンテナンスフリーなので長期的にみるとお得かも

あと太陽光発電つけるかによっても考え方変わってくるかもしれませんね

ソーラーパートナーズ

以上今回は住友林業の屋根材について紹介させていただきました

コメント

タイトルとURLをコピーしました