土地探しのポイント~セットバックを味方につける

全般

こんにちは
知識0から家つくりをはじめ、昨年無事住友林業さんで注文住宅を建てたました。
そんな自分がいろいろ家つくりについて経験や学んだことを紹介していけたらと思っています

注文住宅では土地探しから始めなくてはならず実はメーカ選びよりも大変なんじゃないかと思います。


今回は土地探しについてポイントの一つであるセットバックについて紹介したいと思います。
自分の土地に関してはもちろん、知っていれば周りの環境に対しても感じ方が変わり土地選びのプラスになるかもしれません。

土地探しまとめ記事はこちら

注文住宅土地選び~まとめ記事 | みつきのおもちゃ箱 (maki-toybox.com)

セットバックて何?

本来土地の接面道路の幅は4メートル以上必要という取り決めがあります。
これは建築基準法第42条に定められていて、法律なので絶対守らないといけないことです

迷いさん
迷いさん

接面する道路幅が4メートル以下の場合どうなってしまうの?

4メートル未満の道路に接する場合は、道路の中心線から水平距離2メートル後退した線が道路境界線とみなされる。
つまり、道路としてみなされる部分(セットバック部分)は建物の敷地として算出することはできなくなります。

図で言うと下記のようになります。
接面道路が3メートルしかなかった場合、中心から2メートル分は道路となるので50センチ分自分の敷地にもかかわらず
道路とみなされてしまいます。

出典:https://www.athome.co.jp/contents/words/term_519/

つまり、自分の土地が減ってしまうということです

セットバックの注意点

セットバックについては以下の注意も必要です。

道路なので建物だけでなく・駐車場や物置・植栽などの設置もしてはいけない。
完全に道路扱いとなるため自分のものを置いたりするのはNGです。

建ぺい率や容積率に影響
この土地にどのくらいの大きさまでの建物を建ててよいかといった建ぺい率というものがるのですが
その計算をする際、セットバック分は除いて計算しなくてはいけません
つまり、自分の希望する大きさに適した土地を買ったと思ってもセットバック分で
その大きさの建物を建てれないって場合が出てきます。

この辺は、ハウスメーカさんによく確認した方が良いです。

反対側が川
特殊なケースですが反対側が川だったりして将来的にも道路にできない場合は50センチでなく自分の敷地1メートルが
道路となります。

舗装費用
道路となる部分の舗装費用は自治体によってバラバラだそうで、お金のないとこだったりすると
自己負担になります。

まさと
まさと

ひどい…

固定資産税
セットバック分は道路となるのでその分の固定資産税を払う必要はなくなります。
しかし、ほっといて勝手に引いてくれるわけでなく自分たちの方から申請を行う必要があるそうです。
市役所や区役所に連絡し書類を提出する必要があります。

迷いさん
迷いさん

最初からセットバック分なしで売ってくれればいいのに…

当たり前ですが法律なので拒否できません。

でも細い道はたくさんある

でも4メートル以下の細い道っていっぱいあるけどって思いますよね

昔は4メートルではなく約1.8メートルや約3.6メートルって基準だったのでその時に整備された道路は4メートル以下です。

ほんとは4メートルとりたいけど、今住んでる人に建て替えてくださいとは言えないので昔に建てた建物に関しては
4メートル以下でも可となってます。

セットバックを味方につける。

昔建てた建物は4メートル以下でも可ですが、もし建て替えたりする場合はセットバックが適用されます。
自分の土地では不利益しかないセットバックですが上記のことがあるのでこんな見方もできます。

昔からある住宅街で道が狭いところでも、建て替え等が行われていけばセットバックで将来的に道が広くなっていきます。

自分の選んだ土地も大通りから少し奥まったとこにあり、すごく狭い道があってそれが大きなデメリットの一つでした。
でも、住み始めて1年たたずにその一番狭かった道のところに建ってた建物が建て替えられ
セットバックのおかげで道が広くなりすごく快適になりました。

今は狭い道でも古い建物が多い場合、将来的に道が広くなってくる場合もありますので
そこは土地選びの際参考になるかと思います。

営業さんも将来的に道が広がれば資産価値も上がってくるみたいなこと言ってました。

まさと
まさと

自分が生きてるうちは売るつもりないから聞き流しちゃったけど

以上今回はセットバックについて、自分の土地と周りの土地に与える影響について紹介させていただきました。

コメント

  1. チタン印鑑 より:

    いい勉強になりました。ありがとうございます。ブログの更新を期待しております。

タイトルとURLをコピーしました