【住友林業】日進のテクノロジー展示場へ行って見た

住友林業

こんにちは
知識0から家つくりをはじめ、昨年無事住友林業さんで注文住宅を建てたました。
そんな自分がいろいろ家つくりについて経験や学んだことを紹介していけたらと思っています。

住友林業さんはモデルハウスのほかに、愛知県の日進の方にテクノロジー展示場ってのがあり
そこで家の構造がいろいろ体験できます。

いろいろ説明されたんですが住友林業の大きな売りのビックフレーム構造が一番記憶に残ってます。

住林さんに決めた要因の一つがこのビックフレーム構造でした

今回は、実際行って見てどんな感じだったか等を紹介させていただきます。

テクノロジー展示場

モデルハウスと異なり、構造や技術に関する展示場で科学博物館みたいなイメージですかね。
完全予約制で営業さんがカードでピッてやらないと入れないところです。

そこでまずビックフレーム構造(B.F)について説明されました。

ビックフレーム構造(B.F)

特徴

構想ビル等に使われる「ラーメン構造」を木造住宅においてはじめて梁勝ラーメン構造で実現したもの。
ドイツ語でフレームや枠組みを意味するものだよ。

まさと
まさと

ラーメン?

謎の少女
謎の少女

ドイツ語でフレームや枠組みを意味するものだよ。

一般的に木造は耐震性を確保するため斜めの筋交いを入れるんだけど
ビックコラムっていう太くて強い柱を使うことで筋交いをなくせる構造です。

ビックフレームだと何がいいの

間取りに対する自由度が格段に上がるのがメリットです。

①柱と柱の間を広げられる。
②柱間が広いのと筋交いがないので大きな窓が設置できる。
③通し柱の制約がないため1階と2階で柱の位置を変えた設計ができる
④2階部に大きなでっぱりを作れる

出典:住友林業、https://sfc.jp/ie/lineup/proudio/bf/

正直ビックフレームがメインで後何見たかあんまり覚えてないので箇条書きで

ってのがあるそうです。

構造を見た感想

そんなビックフレームをテクノロジー展示場では見ることができます。
一般的な柱とビックフレームを並べて見せられ、感覚的にめっちゃ強そうって思っちゃいますね。
しかも太い木と木を止めるのにたくさんの金具が使われており、金具だけでも4tくらい使ってるそうです。
それぞれ住友林業の開発した特殊部品が多く、釘は色付きで打つ場所が決められたりしてるそうです

出典:住友林業、https://sfc.jp/ie/lineup/proudio/bf/

耐震性は各社実験やって大丈夫だよーって言ってるけど、各社見た中で一番強そうって感覚的に思ったのがこの
ビックフレーム構造でしたね

70回耐えれるとか何ガロンとかより見た印象って大事だね

その他内容

・住友林業は家の重心をしっかり考えてちゃんと中心に来るようにしてるよ。
・基盤は下透けてるの見せてもらったがふーんって感じでした
・鉄骨に対しビックフレームはいわゆる壁の厚さを薄くできるので同じ30坪でも中は広く使えるよ
 坪数って壁の真ん中に線引いて面積出すそうなんで、壁厚いと生活空間狭くなるんだって
・地震があった時、鉄骨は重いからなかなか揺れが収まんないよ。木造軽いからすぐ収まる

とかとか

まとめ

家の構造がしっかり見れるってなかなかない機会なんで行って損はないかと思います。
特にビックフレームは見たときのインパクトは本で説明される何倍もあるので
耐震性とか正直どんだけ信じれるかかなーとも思いますのでその材料の一つにはなるかな

また、やはり大手だけありすごいいろいろお金かけて研究してるんだなーってのもわかります。

行くのお勧めです

コメント

タイトルとURLをコピーしました