住友林業~【間取り】リビング階段のメリット・デメリット

仕様

こんにちは
知識0から家つくりをはじめ、昨年無事住友林業さんで注文住宅を建てたました。
そんな自分がいろいろ家つくりについて経験や学んだことを紹介していけたらと思っています

今回はリビング階段のメリット・デメリットについて紹介させていただきます。

リビング階段とは

リビング階段とは読んで字のごとくリビング空間に2階への階段がある間取りのことです。
その逆(?)としてはホール階段というもので玄関ホールに2階への階段がある間取りのことです。

自分の場合はリビング階段を採用しました。

リビング階段についてはメリット・デメリットよりもまず感覚的に気にならないか嫌かが人によって結構変わってくるそうです。自分のそれ聞いてなるほどと感じました。

他のハウスメーカの営業さんに言われたのですが育ってきた環境に結構影響されるとのこと。

家に帰って一旦リビング通ることが当たり前の環境にいた人はそういうもんだと全く気にならないがホール階段のような環境で育った方は違和感を感じるみたいですね。

自分も子供の時アパートでしたが一旦リビング通ってからでないと自分の部屋に行けないようなとこだったので全く気にならないですし、そこに気になる人がいるって感覚も言われるまで分からなかったです。

因みに、今回建てた家ではリビング階段を採用しました。

ネットとかでは見せる階段というか螺旋とか下が見えるとかおしゃれなのがありますが
自分ちはただただリビングに階段の入り口があるって感じのものですが・・・

メリット

①家族と顔を会わす機会が増える

リビング階段の一番のメリットでもありデメリットでもある特徴ですが
どの部屋行くにも帰って、一度リビングを通る必要があるため
家族と顔を合わす機会が増えます
コミュニケーションをとれるともいえるし、逆もまたしかり

子供が小さいうちは帰ったのがちゃんとわかるので良いですが
大きくなると子供の方が嫌がったりするかもしれませんね・・・

②広く感じれる

自分はそんなでもないですが、階段の空間と2階にまで視線が開けるため
リビングが同じ広さでも広く感じることができます。

ちょっとした吹き抜けのような感じですかね

また先ほども言いましたが、螺旋階段とか入れるとおしゃれになります。

まさと
まさと

個人的には螺旋階段は無駄にスペースとるのと2階にもの運びにくいのでお勧めはしませんが・・・

デメリット

①暖房が効きにくく寒くなる

リビング空間が2階に繋がっているので、冬場暖房をかけても暖かい空気が2階に流れていって
2階から冷たい空気がリビングに流れ込んできて暖房が効きにくくなります

一般的に最近の家は高気密・高断熱の為、そんなに寒くなりにくいよと言われますが
少なくとも自分は暖房効きにくいと感じます。
突っ張り棒で簡易カーテンつけると全然暖房の効き変わってきます。

謎の少女
謎の少女

メリットの広く感じれるを潰しますね

②来客もリビングを通る

お客さんが来た際、どこかの部屋に案内する際にも必ずリビングを通る必要が出てきてしまいます。
リビングをプライベート空間としてあまり見せたくない方は気になりますね

子供も友達呼んだときにも、直接子供の部屋に行けないです。

メリットとも言えそうですね

③小さい子供が勝手に登らないようにする必要がある

自分のところはもうすぐ1歳になる子供がいるのですが、階段があると勝手に上がろうとするので
ゲートを付けたりしないと危ないです。

まだロクに立って歩けないのに、嬉しそうに登ろうとしてくるから怖くて仕方ないです。

ゲートは必須ですね。ホール階段でもつけてる家多いのでリビング階段だからってことでもないのかもしれないですね

④臭いや音が2階に漏れる

2階の音が1階に聞こえるし、1階の料理の臭いとかが2階に流れていったりします。
これは間取り次第ですね

まとめ

基本的に必ずリビングを通る必要が出てくるという特徴に対し
メリットと捉えるかデメリットと捉えるか個人によって変わってくるのかなって思います。

自分がどう感じるかが一番大事かなっと思います

あと寒さに関しては全館空調にしない限り確実にあります。
ただ強く感じる時期って真冬の3ヵ月くらいです。短いか長いか難しいラインですね・・・

以上今回は、リビング階段のメリット・デメリットについて紹介させていただきました

コメント

タイトルとURLをコピーしました