【住友林業】外壁は何がいい?シーサンドコート、サイディングのメリット・デメリット

仕様

こんにちは
今日は家の印象を決める最も大事なものの一つである外壁について書いていきたいと思います。
シーサンド、サイディング、タイル何それって感じで、皆さんも迷うことも多いと思います。自分も非常に悩みました。

今回の記事が少しでも皆様のお役に立てれれば幸いです

住友林業で選べる外壁タイプ

住友林業で家を建てる際選べる外壁のタイプは大きく分けて3種類

①シーサンドコート
②サイディング
③タイル張り

お値段的には

タイル張り>>シーサンドコート>サイディング みたいな感じのようですね。

ではそれぞれの特徴を見ていきましょう

シーサンドコート

住友林業オリジナルの吹付塗装で、外から見ただけで住友林業さんの家だってすぐわかるくらい特徴的なものです

名前の由来はシー(海)+サンド(砂)
貝殻とか埋まってて凹凸があって太陽の光に当たるとキラキラ輝いてくるといった特徴があります

カラーバリエーションも多数
住友林業さんの標準仕様となっており見積はここが基準となります。

メリット

なんといっても大きな特徴の一つとして目地がないってところです

目地って何?

後で説明するサイディングとか大きな板を張り合わせていくときに継ぎ目にコーキングって処理をしなくてはいけないんです

その継ぎ目が見えてしますことで少し安っぽく見えたり全体の雰囲気を壊しちゃったりするんです

また、年数がたつと汚れて目立ってきたり、劣化するんで張替作業とかが必要になってきます

目地って家つくりで教えてもらうまで気にしたこともなかった…

まさと
まさと

目地って家つくりで教えてもらうまで気にしたこともなかった…

一回見えてしまうとずっと気になっちゃうよ♪

耐ひび割れ性

吹付塗装はひび割れに弱いって言われてるけど大丈夫?
古い家とかひび割れてるのあるよ

住友林業はきづれパネルってのを採用してるから安心なんです

きづれパネルって???

引用元:株式会社NTP殿

要するに通気性良くて耐久性のある素晴らしい工法、2012年にグッドデザイン賞ももらってるみたい

そのおかげで一般的な吹付塗装の弱点であるひび割れの可能性はずっと低くなってるんだ

住林と言ったらってくらい素晴らしいアイテムで住林三種の神器ともいわれてるよ

他の三種の神器って?

ウッドタイル
格子スクリーン
ハーモシーリング

だよ。どれもぜひ採用したい素晴らしいアイテムですね

一つ多くない?

サイディング

一般的に外壁で使用されるものの一つでで、大きな板を張り付けていくものです

種類も豊富で自分好みの外壁に出会えるのがうれしさですね

あと、シーサンドよりも少しお安いらしい
自分は正確な見積もりさ貰わなかったけど20~30万くらいの差みたい

自分は最終的にニチハ製のサイディングを採用しました

さっきまであんなにシーサンド褒めてたのに…

正直、自分はみんなが言うほどキラキラとやらに心がひかれなかった…
(体育館の外壁みたいだし、痛そうだし…)
でもみんな大絶賛なのでよいものだと思います

安っぽいっていう人もいますが、最近のはほんと素晴らしいのもたくさん出てきてます
昔は厚み12mmがスタンダードで凹凸も少なく薄っぺらい感じだったそうですが
平成20年以降14mmがスタンダードとなり16mmの高級感あるものもでてきたみたいです

自分は最終的にニチハさんのレンガ調のを採用しました


確かに近づいてみるとほんとのレンガじゃないなって感じですが普通に見る分には十分満足です

まさと
まさと

目地は見えないって言い聞かせた

他にいろいろ種類もあるよ

引用元:ニチハ

タイル張り

サイディングが大きな板を貼っていくのに対し、タイルを一枚一枚職人さんが貼っていくんです
すごい時間と技術が必要でめっちゃ高くなる
ちらっと聞いたら+3桁万くらいかなって言われた…

ただその分、重厚感は素晴らしくほんとはお金があったらぜひ採用したかった

タイルはメンテナンスフリーって言われてるんで長い年月のトータルで考えるとそんな金額差ないかもね

住まい博で申込金5万の契約すると特典でタイル貼りがある時があるそうなんでそこは要チェックかも

まとめ

シーサンドコート…住林オリジナルのキラキラした素敵な塗装。目地がなくすっきりした仕上がり
サイディング…豊富な種類から選べ、自分好みのものが選べる。目地が気にならないならおすすめ
タイル張り…お値段は高いが重厚感あふれる素敵な外壁

以上

外壁考えだすとめっちゃ他人の家見まくって、若干怪しい人みたいになっっちゃうので注意してね。

ではでは

コメント

タイトルとURLをコピーしました