LIXILショウルームへ行ってみた

仕様

こんにちは
知識0から家つくりをはじめ、昨年無事住友林業さんで注文住宅を建てたました。
そんな自分がいろいろ家つくりについて経験や学んだことをブログで紹介していけたらと思っています

今回はLIXILのショウルームへ行ったお話を紹介させていただこうと思います

ショウルームはそこで販売してる訳でなくハウスメーカで言う展示場みたいな感じでいろんな設備が実際に見れて説明を受けることができます。

LIXILとかは住友林業さんと提携してて、予約の際伝えたら住友林業さんで選べる標準仕様や提案工事の設備を説明してくれ、例えばお風呂でこの仕様がいいと選んだ物に対しハウスメーカさんに情報を上げてくれますのでとても便利です。

LIXIL以外にもトクラスや積水ホームテクノとかいろんなとこもショウルームやってます。
LIXILはキッチン、お風呂、トイレなどなど基本なんでもあって、住友林業さんの標準にも入ってきますのでまず行くのはLIXILは行って損はないと思います

まさと
まさと

自分は他にも行きたかったけど時間の都合とかで行けなかった…

ただ、ハウスメーカさんでは代表の1種類しか置いてない場合が多いのと標準でなく提案工事おいてる場合もあるので時間と体力が許すなら行きたいのはやまやまですが、LIXILは商品が多いのもあったんだろうけど移動含め半日くらいかかったのでなかなかたくさん行くのは難しいですね…

謎の少女
謎の少女

今のご時世余計難しいのかな

初めに

初めにアンケートでハウスメーカさんと担当者さんや今回見たい設備について書きます。

住林さんの標準仕様でもキッチンはトクラスって考えてる場合は聞かないってこともできます。

お風呂

お風呂は展示場やハウスメーカでは部屋の作りになっててドアもちゃんとついてて結構狭かったりで、何人かで同時に見るの難しかったり
実際洗面のいたはずしたりも狭くて聞きながらやってみれなかったりするのですが、ショウルームでは壁1面ないし2面がない状態で展示されてるのでとても見やすいし説明も受けやすいです
また実際にバスタブに入ってみて(もちろんお湯なしです)大きさ確認できるのも大きいです。

壁とバスタブの色合いについても小さい模型みたいなの用意してくれて壁とバスタブいろいろ変えて色合い確認できます
住林の標準仕様では黒の壁なかったのにLIXILとしてはあるんだってここで初めて知りました
言えば選べるんだろうが標準から外れるので高くなってしまうんのが…

あと住林では結構組み合わせ決められてるので選べる数は多いけど、ここにない組み合わせがいいって場合が発生します

トイレ

ここはいろいろ説明されましたが正直よくわからなかった
洗いやすいとスイッチがいろいろあるくらいしか覚えてない…
結局形だけでTOTO選びましたし

キッチン

キッチンで一番行ってよかったなと思う点は高さを確認できたことです
キッチンの高さって10cm刻みで3種類(確か70、80、90)あるだけどどの高さが良いかってのを実際確認できます
たかが10cmと思っても実際立ってみると結構違うもんですね

結局は標準の真ん中の高さ選びましたが、ハウスメーカで数字だけで選ぶより実際体験した方が後悔は少ないと思います

換気扇も実際分解させてみてくれたり、シンクや作業場の広さも実際体験できるのでハウスメーカさんで見るのとは印象が全然変わってきます

その他

LIXILさんはその他いろんなものおいてて、外構を考えるヒントもたくさんあります
自分は外構さんは住友緑化さんだったのですがいまいち提案が少なく表札とかも3種類くらいしか見せてくれなかったのでLIXLEでたくさんの種類があるのしって、これがいいなと考えることができとてもよかったです

表札は結局外構さんからいい提案なかったので、施主支給で自分で買ったのを付けてもらいました

他にエコカラットとかもたくさん種類あって、入居後DIYでつけるかと思いました

謎の少女
謎の少女

1年たつけどまだついてませんが

その後

見た設備で気に入ったものを選んで、その情報はLIXILさんから住林の担当者さんへFAXされ
次回打合せの時これがいいんですかって感じで聞かれます。
べつにそれで決定ってわけでなくあくまで参考情報扱いです

以上
今回はLIXILのショウルームへ行った話を紹介させていただきました。

ほんとハウスメーカさんでは見切れないサイズ感や設備に触れることだったりが出来るので、可能ならば多く行きたいですね

コメント

タイトルとURLをコピーしました