仮契約の前にやっておいた方がよいこと

全般

こんにちは
知識0から家つくりをはじめ、昨年無事住友林業さんで注文住宅を建てたました。
そんな自分がいろいろ家つくりについて経験や学んだことを紹介していけたらと思っています

良い土地に出会い、そこからハウスメーカさんにプラント見積提示してもらってから2週間で
仮契約に移っていくわけですが2週間って意外と短くて時間ないです
なので、今回は仮契約までにやっておいた方がいいと思ったことを紹介したいと思います

ドタバタの記事はこちら

自分の場合、3月末ってこともあったので
そんな焦ってやらなくてもって項目があるかもしれないですが参考になればと思います

  • 住宅ローン事前審査及び借入金
  • 契約金
  • 実印登録
  • 建物の希望の明確化
  • 入れたい提案工事

仮契約

迷いさん
迷いさん

そもそも仮契約って何?

仮契約は家つくりを選んだハウスメーカさんに正式に依頼することです。
正式って言うと仮なのにってなるかもしれませんが、ここからは契約金も発生し
キャンセル料や違約金も発生していきます。

今後、仮契約、着工合意契約など、いろいろありとてもややこしく自分も戸惑ったところなので、この辺はまた別の記事にします

住宅ローン事前審査

基本、住宅ローンを使う方多いと思いますが
契約した後、住宅ローン通らなくて契約金だけ取られたとか悲しすぎますし…

過去の携帯代未納やクレジットカード作りすぎで審査通らないなんてこともあります。

また、住宅ローン事前審査に通ってないと、土地の仮押さえ(買付申込)を受け付けてくれないとこもあるそうなので余裕のある時に受けておいて損はないかと思います。

最終的な借り入れするところでなくても、事前審査はできます

まさと
まさと

自分は事前審査受けたとこと、別のとこで借入しました。

契約金

住林さんの仮契約の契約金って100万払う必要があるんですが
そんな大金、銀行で振り込む場合直接銀行行って手続きする必要あるが
平日仕事だし、手元に現金で置いてないしってなかなか困りました。

これは自分の場合だけかもしれませんが、3末ってこともあり支払いも待ってもらえなかったので…

結局、仕事早上がりして振込に行きました

支払いどうするか、銀行に行ける日を取っておくか、現金を用意しといた方が焦んなくてよいです。

因みに、土地の方も契約金50万必要だったので計150万必要でした。

実印登録

これも仮契約に必要なのでない方は行けるときに行っとくのがおすすめです。

今後、実印が認印並みにわけわからず連打していくことになります

建物の希望の明確化

プランと見積作ってもらうのも2週間しかないので、希望は明確にしとかないと打合せをすごい短期間に詰め込まなくてはいけなくなり結構大変になります。

入れたい提案工事


提案工事って何?って感じかと思いますがいわゆるオプションで、床を無垢材にするとかワンランク上の設備入れるとか追加費用がかかってきます。
基本、仮契約後に詳しい仕様を詰めていくので知らなくても全然何とかなるんですが
仮契約後はほとんど値引きはないです。

入れたい提案工事ははっきり言って、仮契約前の見積もりに入れてもらいそこからしっかり値引き交渉をした方がいいです。
知り合いは仮契約迷ってたらいろいろ提案工事無料で提案されたとか…

自分は提案工事って何?状態だったので後から少し後悔しました。
見積に欲しいであろう提案工事とりあえず入れときましたって言われて初めて認識したくらいです。

まとめ

ほとんどの内容は絶対事前にやってなきゃいけないわけでないのですが
余裕のある時にやってれば、バタバタも減るかなって思います。

特に値段交渉は仮契約前が勝負です。

提案工事に関してはまた別記事で紹介させてもらいます。

以上、今回は仮契約前にやっておいた方がよいことを紹介させていただきました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました