住友林業~24時間換気のデメリット

仕様

こんにちは
知識0から家つくりをはじめ、昨年無事住友林業さんで注文住宅を建てたました。
そんな自分がいろいろ家つくりについて経験や学んだことを紹介していけたらと思っています

今回は24時間換気システムについて紹介させていただこうと思います

似たような言葉で全館空調というものがあるのですが、これは似て非なるものです
自分は当時同じようなもんかな~って考え、深く考えずに24時間換気でいいですって言ったのですが
ちゃんとわかった上で判断すればよかったとあとあとになって思いました。

まさと
まさと

まあ、イニシャルコストとか考えて結局入れなかったとは思いますが

今回は24時間換気とはや実際住んでみて感じたこと等を紹介させていただきます。

24時間換気って

謎の少女
謎の少女

24時間換気システムとは読んで字のごとく家の中を24時間換気させるものです


2003年以降、建築基準法で義務化されているためつけなくてはいけなく、換気も一時間で部屋全体の空気の半分以上が入れ替わってることが必要であると定められております

迷いさん
迷いさん

何で必要なの?

シックハウス症候群の予防の為、義務化されました。
シックハウス症候群は建築材や家具から発生する有害な化学物質が原因で起きます。
また、最近の建物は気密性がよくなったのと、換気をあまりしない生活様式になったことも原因として挙げられます。

24時間換気システムの仕組み

基本的な方法は外気を取りもんで部屋の空気を外に出すというのもですが主に3つの方式があります

第1種換気方式
外気を取り込む給気口と空気を排出する排気口の両方を、換気扇などの機械によって行う方法

第2種換気方式
給気のみ機械で行い、空気の排出に関しては自然に排気口から行う方法

第3種換気方式
空気の取り込みは自然に給気口から、排気は機械によって強制的に行う方法

住友林業さんは第3種換気方式で各部屋に給気口が設けられており、そこから空気が取り込まれます
取り込む空気の量は手動で開口面積を3段階に調整できます。

利点としては
・部屋の結露が起こりにくい

・ランニングコストが抑えられる
等があり高気密高断熱住宅にも適した構造だそうです。

全館空調との違い


似ている言葉として全館空調システムというのがありますが
簡単に言うと家全体を一つの大きなエアコンでずっと空調を行ってる感じです。

外気の空気も一度暖めたり、冷やしたりしてから部屋に取り入れ部屋のどこにいても過ごしやすい快適な空間を実現できます。

一条工務店やセキスイハイムの暖かハイムはこれですね

まさと
まさと

上記2つの内容を聞きすぎてて、24時間換気も勝手に同じようなものと思い込んでしまってました…

全館空調のメリット・デメリットは別記事で書かして頂きます

24時間換気のデメリット

ここまでの説明で何となくお気づきの方もいらっしゃるかと思いますが
24時間換気は外気をそのまま部屋に入れてくる。
つまり…冬寒くなりやすいのです…

せっかく暖めても一時間で部屋の空気半分入れ替えられてしまいます。
せっかく高断熱の壁があっても外気吸ってたら寒くなりやすいです。

一応給気量調整できるのですがどこまで効果あるのか正直…

給気口の位置に注意

自分の家は基本給気口は部屋の上の方にあるのですが
台所のコンロの横の足元にあります。
しかも、コンロ使うとき給気の風がもろにあたる位置です。
冬めちゃめちゃ寒いです。

ほんとはよくないのですが冬場はコンロの隣の給気口にキッチンペーパ詰めてそこからはあまり吸わないようにしてます。
それだけで大分違います

お風呂
お風呂も冬は24時間換気つけてると寒くなります。
そのためかお風呂の設備に1時間だけお風呂の24時間換気止めるボタンがついてます
停める停めないでは全然寒さ違います

迷いさん
迷いさん

24時間換気停めたらだめなの

会社の同僚は冬場24時間換気停めてるって言ってましたが、基本停めちゃダメってなってます
問題ない気もするが大丈夫とは言えない…

最初に言いましたが、24時間換気と全館空調の違いをちゃんと知ってたからってお金の面とかで全館空調を選ばなかったとは思いますが勘違いしてあれ?ってなるとすごいがっかりしちゃいます。

以上
今回は24時間換気に関して紹介させていただきました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました